石川の焼酎

県内産の焼酎&スピリッツ&リキュールを見つけましたらお知らせください!
2014.08.29
AJI*SENTE 

新着情報

'08.11.05 宮本酒造店 本格焼酎「のみよし」全国発売

'08.05.01 加賀丸いも焼酎のみよし原酒「sizuku35」発売

2007.秋  加賀丸いも焼酎「のみよし」発売

<サイト休止中>

2006/11/12 食彩イベント「能美食彩広場」で加賀丸イモ焼酎の試作品が振る舞われた。 試作焼酎は「常圧蒸留」「減圧蒸留」。常圧は「まろやかで上品な仕上がり。かすかに香りが口に広がる」とか。

2006/9/29 五郎島金時使用した「金澤五郎島」発売。11,000本の限定販売。720ml/\3,150

醸造所地図(緑色)

焼酎リスト(原料)

能登ちょんがりぶし(むぎ)

酒蔵の米焼酎(原料)

菊姫:加州剱
福光屋:おんぼらぁと

リキュール(製造元)

能登ワインまたたび酒(沢田酒造店

金澤五郎島(委託)

神酒造(鹿児島県出水市)と金沢市農協が三年がかりで開発。芋焼酎の原料はシロイモが主流だが、五郎島金時を使用したため、通常より原料コストが約六倍。強い香りと甘さがありながら、すっきりとした味わいが特徴。

加賀丸いも焼酎(製造元)

のみよし(宮本酒造店
2007年10月、県内日本酒メーカーで初の焼酎酒造免許を取得。能美市特産「加賀丸いも」を使った本格いも焼酎「のみよし」の製造・販売開始。(発売直後約1週間で初回分2,600本完売)
特例的な免許の為、販売制限があり、能美市内の酒類販売店とJA能美、JA根上の各農協、宮本酒造店HPのみの限定販売。\3000/720ml
2008年6月、国税局の許可が下り全国発売へ。7月、9月、11月の3期体制で年間9,000本を製造する計画。

【宮本酒造店】「のみよし」を製造する際に出る産業廃棄物の「蒸留廃液」を堆肥(たいひ)に変える液体肥料化の活動や、瓶のリユースなど環境問題にも熱心に取り組んでいる蔵元である。

焼酎とは

酒税法は「焼酎」を「アルコール含有物を蒸留した酒類」と定義していますが、次のようなものは除きます。
  • 発芽した麦を原料とするものはウィスキー
  • ブドウを原料とするものはブランデー
  • 糖蜜を原料とするものはスピリッツ(ラム)
  • アルコール含有物の蒸留のとき、他の品物の合成を浸出させたものはスピリッツ(ジン)
  • しらかばの炭でこしたものはスピリッツ(ウオッカ)
  • 砂糖等を加えた焼酎のエキスが2度以上である物はリキュール類(アルコール分が26度以上あるものはスピリッツ)
  • 砂糖等を加えた焼酎でも、木製の容器に1年以上貯蔵したものはスピリッツ

焼酎酒税区分

(平成7年4月1日改正)
種類 区分 基準度数
税率/1kl(税率/1.8L)【平成7年4月1日改正】
焼酎 甲類 21度未満 108,000円(194.4円)
21〜25度未満 155,700円(280.3円)から25度を下る1度ごとに9,540円(17.2円)を減算
25〜26度 155,700円(280.3円)
26〜31度未満 25度を超える1度ごとに9,540円(17.2円)を加算
31度以上 203,400円(366.1円)に30度を超える1度ごとに26,230円(47.2円)を加算
乙類 21度未満 69,200円(124.6円)
21〜25度未満 102,100円(183.8円)から25度を下る1度ごとに6,580円(11.8円)を減算
25〜26度 102,100円(183.8円)
26〜31度未満 25度を超える1度ごとに6,580円(11.8円)を加算
31度以上 135,000円(243.0円)に30度を超える1度ごとに14,910円(26.8円)を加算

特集 <まだまだ作業中>

その他

  • O.Henry(オーヘンリー) 玉扇酒造:広島 能登杜氏醸造、国内産モルト100%