石川の焼酎

管理人の覚えがきです。間違いがありましたら、お知らせ頂けるとうれしいです。
2009.07.05

焼酎用語集

カテゴリ
 主題
副題
副題
副題
カテゴリ
 主題
副題
副題
副題
カテゴリ
 主題
副題
副題
副題

ウイスキー

麦芽や穀類を原料としてつくられた蒸留酒。独特の風味や色合いは樽のなかで熟成される。世界の5大産地といわれているのはスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本。

世界五大産地

スコットランド スコッチウィスキー(モルト、グレーン、ブレンデット)
アイルランド アイリッシュウィスキー
アメリカ バーボンウィスキー(ストレート・バーボン、テネシー、ストレート・ライ、ストレート・コーン、ブレンデット・ストレート、ブレンデット)
カナダ カナディアンウィスキー
日本 ジャパニーズウィスキー

スコッチ・ウィスキーの種類

モルト 大麦などを発芽させたもの。大麦麦芽のみを糖化、発酵させたうえ、単式蒸留機(ポット・スチル)で蒸留し、樽で熟成させたもの。小規模の蒸留所が多く、ピートを使い醸造所ごとの個性的な風味がある(単一の蒸留所でつくられたものはシングルモルトウィスキーと言われる)
グレーン トウモロコシ、ライ麦、小麦などの穀物(グレーン)を大麦麦芽で糖化し、発酵ののち、連続蒸留機で蒸留したもの。
 大規模な蒸留所で、連続蒸留機からつくられる。蒸留された新酒は、だいたい4〜5年ぐらい樽熟される。ピート臭をつけず、高いアルコール濃度で蒸留されるので、風味はソフトでマイルドであり、生産の大半はブレンデットウィスキーに使われる。
ブレンデット モルトウィスキーとグレーンウィスキーをブレンドして、風味の調和をとったもの。

アイリッシュ・ウィスキー

歴史はスコッチより古く、ピート臭をもたない。原料は大麦麦芽のほかに、未発芽大麦、ライ麦、小麦など。大麦麦芽には、ピートによるスモーキーフレーバーをつけない。また、蒸留機も大型の単式蒸留機を使い3回蒸留する。熟成はスコッチと同様3年以上。
※ピートとは:水性植物などが炭化した泥炭。ピートを燃やして、大麦麦芽にスモーキー・フレーバー(ピート香ともいう)をつける。

アメリカンウィスキーの種類

ストレート
 バーボン
トウモロコシ51%以上使用し、これにライ麦、大麦麦芽などを加えて、連続式蒸留機でアルコール分40%以上、80%以下で蒸留し、内側をチャー(焼い)たホワイトオークの樽で、2年以上貯蔵したウィスキー。
テネシー 分類的にはストレート・バーボン・ウィスキーだが、テネシー州で作られるウィスキーは独特の方法が加わるので、特にテネシー・ウィスキーと呼ぶことは法的にも認められている。
蒸留機から留出したストレート・バーボン・ウィスキー原酒を、サシウカエデ材を焼いた木炭を詰めた塔を通過させてから樽熟成させる。
ストレート
 ライ
ライ・ウィスキーは、バーボン・ウィスキー以上に古い歴史をもつ。製法は、51%以上のライ麦を含む穀類を原料としアルコール分80度以下で蒸留、内側をチャーしたホワイトオークの新樽で2年以上貯蔵したもの。
ストレート
 コーン
トウモロコシ80%の穀類を原料にしてつくられ、蒸留は他のストレート・ウィスキーと同じく、アルコール分80%以下だが、熟成は異なり、内側をチャーしない新樽、または一度他のウィスキー熟成に使われた樽を使う。
ブレンデット
 ストレート
ブレンデット・ストレート・ウィスキー(ストレート・ウィスキーどうしをブレンドしたもの)
ストレート・ウィスキーを20%以上に、スピリッツをブレンドしたもの
ブレンデット  

カナディアン・ウィスキー

カナディアン・ウィスキーの大きな特徴は、ライ麦を中心とした香りの高いフレーバリング・ウィスキーと、トウモロコシを主体とした、ベース・ウィスキーをブレンドする。世界で最も軽いタイプのウィスキー。
ベース
 ウィスキー
トウモロコシを主原料にして、少量の大麦麦芽を糖化、発酵し、連続蒸留機で蒸留される。いわゆるグレーン・ウィスキーと同じタイプ。軽い風味が特徴。
フレーバリング
 ウィスキー
ライ麦を主原料に、トウモロコシや大麦麦芽を加えて発酵、連続蒸留機で蒸留する。ベース・ウィスキーが蒸留アルコール度数94〜95度なのに対し、フレーバリング・ウィスキーは84度で蒸留されるため、穀物の風味がよく残っていて、ベース・ウィスキーとブレンドする際の風味形成のもととなる。

ジャパニーズ・ウィスキー

基本的な製造の面では、スコッチ・ウィスキーに似ている。しかし、香りと味わいの点で大きな差がある。それは、スコッチ・ウィスキーがピートによるスモーキー・フレーバーが強烈なのに対して、日本のウィスキーは、スモーキー・フレーバーをソフトにおさえ、そのかわり、樽による熟成香でアクセントをつけているという点にある。
 日本にウィスキーが伝わったのは、江戸時代末期の1853年、アメリカのペリーが軍艦4隻を率いて渡来した際、ウィスキーや各種洋酒を携えてきたのが始まりとされている。

ブランデー

果実を原料としてつくられた蒸留酒。有名なコニャックやアルマニャックはブドウを原料としている。樽のなかで熟成し琥珀色の独特の風味のお酒に仕上がる。ブランデーの品質表示として、スリースター→VO→VSO→VSOP→XO→ナポレオン→エクストラの順番に良くなるが、これは法律等で決められたものではなくメーカー独自の基準による。そこであるメーカーのスリースターが他のメイカーのナポレオンよりもはるかに優れていることもありますので注意を。

スピリッツ

穀類等からつくられた蒸留酒でウィスキーやブランデー、焼酎以外のもの。
ジン 麦やコーンを蒸留し、ネズ(ジュネバ)の風味をつけたもの。
ウオッカ 麦等を蒸留し、白樺炭でろ過した無色透明のお酒。
ラム サトウキビを原料にした蒸留酒。透明なホワイトラムと樽で熟成したダークラム、中間のミディアムとがある。
テキーラ 竜舌蘭(サボテンの一種)を原料にしたメキシコ原産の蒸留酒。
アクアビット 北欧諸国でつくられるジャガイモを主原料とした無色透明の蒸留酒。

中国酒

中国酒は醸造酒の黄酒(ホアンチュウ)と蒸留酒の白酒(パイチュウ)に大別できます。中国は広大なので各地方で独特なお酒が多数存在します。
黄酒:紹興酒、福建黄酒、老酒(ラオチュウ)
白酒:高梁酒(コウリャンチュウ)、茅台酒(マオタイチュウ)

混成酒

リキュール

リキュールは蒸留酒に薬草や香草を浸してつくられたお酒。元々は薬用酒として飲まれたが、現在は食前酒やカクテルのベース等によく使用される。原料で次のように分けられる。
ハーブや花 ベネディクティン、シャルトルーズ、アブサン、ペパーミント、ビターズ、バイオレット等
種子 アニゼット、キュンメル、カンパリ、クレームドカカオ、コーヒーリキュール等
果実 キュラソー(トリプルセック、コアントローが有名)、スロージン、マラスキーノ、グランマニエ等

h3

h4

h5
テーブル w480