A*GIN SILVER BEADS SHOP BLOG DESIGN LINK

デザイン


いくつかのテーマで制作しております。やはり作品は、その人のいろいろな経験や思い…また感性が違うので、同じテーマでも、作り手で違うラインが出来上がると思います。A*GINのラインは、緩やかでケレン味あるものとなっております。

そして、シルバーは面白い金属です。キレイな銀の表面を、あえてイブシ(黒く陰影をつけ)たり、鉄鎚でタタイタい た質感やテクスチャも良しとし、使い込んだキズをも楽しんだりします。ボリュームたっぷりのデザインが楽しめる他の金属にはない面白さがあります。

おもなラインナップ

迦楼羅炎(かるらえん)

迦楼羅焔とは(不動明の後ろにある炎)のことで、炎の中には三毒を喰らうという、伝説の火の鳥「迦楼羅(金翅鳥)」を掘り出したファイヤーパターンです。このページトップ写真も迦楼羅炎です。
【写真】特大と小さめのサイズのバングル


シルバービーズ

金沢発シルバービーズです。これは自由につけかえのできるアクセサリーで、その日の気分で簡単にビーズを替えたり増やしたりすることが出来ます。
そのビーズはイベントにあわせて制作しております。とても小さくて大変ですが取り組んでおります。


自然

やはり、自然物が多いです。とても広い範囲となります。このなかでも特に、水・雪・空(雲・羽根)・植物(花・木など)といったものが多いでしょうか。
【写真】Mにツタがからまったデザインの箱物(銀の板より制作)


歴史・古代

現代でも影響をあたえつづけるデザイン。優雅でかつ機能的なデザイン。その民族で語り継がれる物語。作らずにはいられません。その中でも巨石文化、ケルト=バイキング様式、古代ギリシア、ラテーヌ文化、縄文時代、近代ではインディアン、アイヌのスタイル・デザインが好きです。
【写真】縄文時代の輪鼓状耳飾のペンダント(作品サイズは直径70mm)


作品紹介

1点ものが多いため、初期のころは写真さえものこっておらず、反省しております。順次作品をUPしていきたいとおもいますのでいましばらくおまちくださいませ。


SINCE 2009.6. The design a prototype is AJI*SENTE